FC2ブログ
石川県金沢市にあるチュー二ングショップ スピードショップファントム
ファイナルラップ 最後の挑戦
8年目のシーズン 20歳

愛知県の名門チームに入った私は、全日本選手権 西地域 に再挑戦しました


結果はどうであれレース活動はこの年で最後にすると決めていました

モータースポーツは莫大な費用が必要です

全日本選手権を1年戦えば、年間数百万かかります

それまでのレース活動も、自分の給料では全く足りず、仕事とバイトを掛け持ちし

、時間的にも資金的にも家族の援助や色々な方に協賛していただき何とかレースをしていました

数年間は、盆と正月以外は休んだ記憶がありません

夜中にレースから帰ってきて、翌日の朝そのまま寝ずにバイトにいったりしていました

そんな生活を何年も続けて、活動資金、家族への負担、肉体的にも、もう限界でした


そして迎えた、第1戦 静岡 つま恋カートコース

万全の体制を手に入れて、事前テストから好調を維持し、チームからは初戦は10位以内で

フィニッシュが目標、と言われていましたが、目標を上回る、3位でフィニッシュしました

2年前、全く通用しなかった自分が嘘のようでした

エンジンチューナー、シャシー担当、ドライバー、それぞれが分業で良い仕事をして

集中できた結果でした

チームからは、コンスタントに5位前後に入れるようになれば、メーカーから市販タイヤとは異なる

スペシャルコンパウンドのタイヤが貰えるようになる、上位の選手はみんなスペシャルコンパウンドを履いている、

市販タイヤでは勝てないから、表彰台を目指すのはスぺシャルタイヤを貰えるようになってからだ、と言われてい

ましたが、市販タイヤで3位入賞と出来すぎの結果に自分も周りも驚きました

常識にとらわれずやってきた、自分たちの取り組みの成果が少し見えた瞬間でした

そして、次戦鈴鹿からはメーカーからタイヤ供給の契約をして貰えました

そんなタイヤがあるなんて全く知りませんでした


第2戦 鈴鹿サーキット南コース

タイヤ供給を受け、勢いづいた私は鈴鹿でも好調をキープ

2位でフィニッシュしました


第3戦 九州 6位

第4戦 リタイヤ

そして、第5戦 大阪 堺カートランド

慣れないコースでタイムトライアルで珍しく2位と、上位に入ったことで(いつもタイムトライアルは苦手で5~10位の間でした)

ついに自分にも勝てるチャンスがやってきたと思いました

しかし、予選で原因不明のエンジントラブル

立ち上がりで息つきし吹け上がりません

1ヒートは何とかトップをキープしましたが、2ヒート目に立ち上がりで失速したところに後ろから

追突されマフラーが壊れリタイア・・・

唯一とも言えるチャンスを逃しました

レースにタラればはありませんが、自分はやはり持ってない男でした・・・

レース後に原因を探ったら、なんともつまらないトラブルでした

燃料ホースが折れ曲がって、燃料が供給できずに息つきしていました

メカニックに発見してもらえれば防げたトラブルでした

メカニックにもっと仕事に集中してもらえるような環境を作れなかった自分の実力不足でした

しかし、チャンスはタイミングを逃すと、もう来ることはありませんでした

やってきたチャンスを掴めるように日頃から常に準備しておく

これが、レースでも仕事でも大事だと痛感しました

’96 全日本選手権 西地域 リザルト

これにて私のレースのお話は終了です

最後まで読んでいただきありがとうございます




 




スポンサーサイト