FC2ブログ
石川県金沢市にあるチュー二ングショップ スピードショップファントム
チューニングショップのお仕事
まずは下の画像をどうぞ
P101011016.jpg


O/H中のエンジンの吸気ポートです。ノウハウガッチリ詰まってます。
奥の方に見える、ラッパのような形をしたものが吸気バルブ
吸気バルブが開くと、燃焼室に混合気が吸入されて燃焼が行われます。

で、この吸気バルブを押し開いているのがカムシャフト
パワーアップにはカムシャフト交換が効果的ですが、当店ではポンカム(ポン付けカム)と呼ばれているカムを装着する際にも、ほとんどの場合バルブタイミング(以下、バルタイと呼びます)を調整します。

バルタイとは、カムシャフトの取付角度を上死点からのクランク角度で表したものでバルタイを変化させるとバルブの開閉時期が変化します。

僅か2~3度の違いで、エンジン性能が大きく変化してしまうこともある重要な要素です。
20070221105842.jpg

調整にはスライドプーリーを使うんですが
20070221110552.jpg

このスライドプーリーは1目盛クランク角度1度の調整ができます。
大抵の物は1目盛2度なんですが、より高精度に調整できるこのプーリーをチョイスしてます!
当店の拘りポイントのひとつです。

ポンカムは、ノーマルカムと交換するだけでメーカー推奨のバルブタイミングになるように設計されているカムですが、このメーカー推奨値というのが必ずしもそのエンジンにとって最適値とはかぎりません。

同じカムを装着していても、バルブタイミングによって最大出力&性能曲線がまるで変わってしまう事が多々あります。

同じ素材を使った料理でも、料理人によって味が異なるように
同じカムでもチューナーによって味付けは違うんです。

P101022008.jpg

バルタイ調整で闘魂注入中です。
今回装着したポンカムは、バルブクリアランスをメーカー基準値では±0.05mmのところを±0.005mmに調整し燃焼のばらつきを抑えます。今回はバルブクリアランス調整用のシムが、純正の設定では0.05単位でしかなかった為、機械加工(研磨)により厚みを0.01単位で調整しばらつきを抑えてます。

パワーがでてフラットな特性を狙ったバルブタイミングに調整し組み込みました。

もともとチューニングショップの『チューニング』とは『調整』という意味でもあります。

パーツを取付するだけではなく、『調整』によって性能を引き出す。
当店はこれがチューニングショップの重要なお仕事だと考えます。

まん~で良くなっさけ~、1本いっとくかいね?
(金沢弁で、凄い良くなるし1本いかがですか?と言う意味です

------------------------------
〒920-0054
石川県金沢市若宮1丁目141
スピードショップ ファントム
http://www.phantom-sp.co.jp/
info@phantom-sp.co.jp
tel&fax 076-263-5540
定休日 日曜日、第3月曜日
営業時間 10:00~20:00


スポンサーサイト