FC2ブログ
石川県金沢市にあるチュー二ングショップ スピードショップファントム
VG30ET エンジンオーバーホール
Y30グロリアに搭載されていたVG30ETエンジン

IMG_1989.jpg


昭和61年式なので30年以上前のエンジンです

この車が好きで、治して乗り続けたいという

熱いオーナー様からオーバーホールのご依頼

長期間置いてあった車輛のため、分解前はオイル上がり&下がり 

シリンダーには錆が出ていたのでフルオーバーホールとなりました

IMG_2005.jpg

IMG_2000.jpg

普通ならオーバーサイズピストンを使ってオーバーホールですが

純正オーバーサイズピストン&リングが既に製造廃止

ついでにメタルも製造廃止・・・

色々調べて他車種のオーバーサイズピストンを加工して使いました

メタルも他車種から流用

ちぎれていたエンジンマウントも製造廃止で他グレードの物を

加工して流用

製造廃止部品が多く、色々手間はかかりましたが

無事オーバーホール完了

IMG_1989.jpg

IMG_1992.jpg


ビフォー

1580364204184.jpg

1580364215612.jpg

アフター

IMG_2039.jpg

経年劣化による破損でロックが出来なかったインジェクターや

水温センサーのカプラーも使えそうな新品を見つけて交換

今まで水温センサーのカプラーが外れたままだったので

暖気が終わるまで調子悪かっただろうなー

ゴムブーツが熱でカチカチになってプラスチックになってましたw

3か月程お待たせしましたが

オーバーホール後はマフラーからの白煙もなく、絶好調です





スポンサーサイト



T50 ミッションオーバーホール
今年2基目のミッションオーバーホール

T50ミッション

2TG28.jpg
 

トヨタ部品に注文しても製造廃止となっている部品も多い

ので、独自に入手して組み上げます

2tg27.jpg

ミッションケースも綺麗に洗浄してフィニッシュです

2TG26.jpg

こちらも完成が近いです
2TG I断面コンロッド
2TG用 I断面コンロッド

2tgh.jpg

日本製

純正コンロッドよりも軽くて高精度

計測してみたら、大端部分の真円度は±1μ以内

1μは1000分の1mm

純正の20分の1程の公差です

これによりメタルが密着して熱はけがよくなるし、

メタルの設計値どうりの厚みが再現できると思います

強度以外にもメリットはたくさんありますね



2TGエンジン オイルパンバッフルプレート取付
solex3.jpg
2TGエンジンにオイルパンバッフルプレート取付

このオイルパンには、油面の偏りを防ぐ仕切りがほとんどなく

エアを吸ってエンジンにダメージを受けてしまう可能性があります

ので、内部にバッフルプレートを溶接で取り付けます

現代のスポーツカーのエンジンには、この程度のバッフルは

標準で装着されています

solex4.jpg


溶接後、外部を再塗装して完了です
SOLEX キャブレター オーバーホール
SOLEX キャブレターのオーバーホール

solex.jpg

solex1.jpg

オーバーホールとは

『通常の点検作業では出来ない清掃作業や劣化部品の交換、調整を主目的とする。』

ウィキペディア参照

solex2.jpg

今回のSOLEXキャブレターは一見問題無いかにみえる状態でしたが

画像の加速ポンプのロッドの調整がおかしくて、加速ポンプが

効いていない状態を発見

正常な状態を熟知しているからこそ発見できる不具合ですね

まさに『オーバーホール』となりました

オーバーホールしてないキャブはオーバーホール必須ですね