FC2ブログ
石川県金沢市にあるチュー二ングショップ スピードショップファントム
チタンマフラー加工
中間タイコの位置が低いので、地上高をかせぐためにチタンマフラーを加工

titan_20160227223435cea.jpg

90φチタンパイプを輪切りにして、曲げを作って中間タイコを

出来るだけ上に上げます

レイアウトが決まって仮付けが終わったら、車両から取り外して

バックシールドしながら本溶接

チタン溶接はビ―ドの色が銀白が最も良い状態です

ビ―ドが銀白となるように注意しながら溶接

titan1_20160227223436765.jpg

titan2_20160227223438d89.jpg

titan3_2016022722465647e.jpg

かなりタイトなクリアランスですが、干渉はありません

タイコの位置を約15㎜上に上げれました






スポンサーサイト
BMW335i Mスポーツ マフラー加工
BMWのオーナー様からマフラー加工のご相談

マフラーを交換したけど、テールパイプの位置が左右でズレていて特に右側が

下向きにズレているのを左右同じ位置に治したい、との事

bmw1_20150220141638f43.jpg

加工前の状態

なんでも、海外製の外車用のマフラーはずれているのが普通!?だそうで

高価なマフラーを付けたのに出口がずれていてはカッコ悪いですよね、よく分かります

そこで、今回は右側のテールパイプの位置を修正するために加工します

bmw5.jpg

テールパイプを途中で切断して、前後、左右、水平方向にずれが無いか確認しながら位置決めします

少しでも隙間が空いていると、溶接後に歪みでテールパイプの位置がずれてしまうので

切断角度、どの部分でカットするか、どう曲げてオフセットさせるかを何度もシュミレーションした後に

加工を始めます

この短いスパンで角度をかえてオフセットさせるのは想像以上に難しいんです

bmw7_20150220141643bc9.jpg

内部にバリが出ないようにバックシールドしながらTIG溶接

bmw3_201502201416405c2.jpg

加工後は左右同じ位置になりました

オーナー様にも喜んでいただけたので良かったです

------------------------------
〒920-0054
石川県金沢市若宮1丁目141
スピードショップ ファントム
http://www.phantom-sp.co.jp/
info@phantom-sp.co.jp
tel&fax 076-263-5540
定休日 日曜日、第3月曜日
営業時間 10:00~20:00









シートレール製作
体の大きい人向けのビッグサイズシート BRIDE ZETAⅢ JAPAN type-XL



このシートを専用シートレールで装着すると、車種にもよりますがあまりローポジション

に出来ません。

今回のオーナー様は、ロールケージにヘルメットが当たるのが嫌なのでこのシートで

何とかローポジにしたい、との事ですのでシートレールを固定式で製作します。



前後方向にスライドできない固定式にする為、シートを限界までフロアに近づけるように

設計し、充分な厚みの鉄板を切り出して製作していきます

こうしないと、この大きいシートでは希望のダウン量(-50mm程)には出来ません



切り出した材料を曲げて穴開けて、フロアでも荷重を受けれるようにピッタリと合わせて

補強をいれて溶接

レール+フロアで荷重を受けるので、体重○○○㌔でも全然平気だと思います



強度が不安な部分にはパッチ補強を追加してステーを溶接固定

オーナー様のポジションに合わせたスペシャル品になりました



前後にスライド出来ないので、そのままでは乗り降りが非常にしづらいのでボスを

可倒式に交換して乗り降りも楽に出来るようになりました

これで、以前装着していたスーパーダウンシートレールよりもさらにローポジになりました

ZETAⅢ JAPAN type-XL スーパーローポジション(-50mm)の出来上がりです♪

------------------------------
〒920-0054
石川県金沢市若宮1丁目141
スピードショップ ファントム
http://www.phantom-sp.co.jp/
info@phantom-sp.co.jp
tel&fax 076-263-5540
定休日 日曜日、第3月曜日
営業時間 10:00~20:00





石川県金沢市 牽引フック取付 ファントム
牽引フック取付のご依頼

オーナー様の拘りで、どうしてもバンパーに穴を開けたくない&脱着式で

普段は外しておきたい、と言うリクエストにこたえる為色々と思案~

バンパー開口部に装着する為に、ボディの強度のある部分からオフセットして

装着する為に強度のあるブラケットを、厚みのある平板から切り出して曲げて溶接して

ボックス構造

に製作

これをボディに溶接して、牽引フックをオフセットさせます

gto.jpg

gto1.jpg

溶接後、防錆塗装して

角度合わせて切断&仮合わせ&溶接を繰り返して

gto3.jpg

この位置に装着

外からボルト2本で脱着できます

バンパー脱着したついでにオイルクーラーの導風板も製作

gto4.jpg

ウオータースプレーも使えるようにしたので、これからの季節良い仕事して

くれるでしょう~

------------------------------
〒920-0054
石川県金沢市若宮1丁目141
スピードショップ ファントム
http://www.phantom-sp.co.jp/
info@phantom-sp.co.jp
tel&fax 076-263-5540
定休日 日曜日、第3月曜日
営業時間 10:00~20:00




石川県金沢市 フロントパイプ 修理 加工 RB26 GT-R
チタンフロントパイプが路面とヒットして潰れてベコベコに・・・

titan.jpg

このままでは排気効率が落ちてしまいエンジンに負担がかかるので

潰れた部分を、チタン曲げパイプを使って修理します

このフロントパイプは等長にする為に、大きくうねらせている分ロードクリアランス

がかなり低くなってしまいヒットしやすいので、修理と同時に出来るだけパイプを上に

上げてクリアランスの確保を狙います

titan1.jpg

潰れた箇所を切断して

titan2.jpg

仮組みしながらレイアウトや溶接順番を検討します

titan9.jpg

頭の中で設計図が出来上がったら、仮付けして溶接していきます

titan4.jpg

チタンパイプの溶接は強度確保の為、バックシールドしながら溶接します

titan7.jpg

titan3.jpg

かなり時間かかったけど、なんとか完成~

titan5.jpg

ビフォー

titan6.jpg

アフター

約20mm上方に上がり、ロードクリアランス確保できました

せっかくの等長なので、レイアウトを変更しながら出来るだけ同じ長さになるように

しました(3mm短くなったけど、潰れるより良いでしょうw)

titan8.jpg

チタンフロントパイプの修理&レイアウト変更 完成です

------------------------------
〒920-0054
石川県金沢市若宮1丁目141
スピードショップ ファントム
http://www.phantom-sp.co.jp/
info@phantom-sp.co.jp
tel&fax 076-263-5540
定休日 日曜日、第3月曜日
営業時間 10:00~20:00